政治

【産経新聞】吉田清治氏の“慰安婦狩り”記事を訂正・謝罪した英文記事で検索回避⇒指摘受け解除⇒産経の取材に対して、朝日新聞「記事2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまいました」と説明⇒これも嘘?…「訂正・おわび」は全てGoogle検索回避のメタタグが埋め込まれていた

投稿日:

 


 

まずは産経新聞の記事から。

◆朝日新聞、慰安婦報道取り下げ英文記事で検索回避の設定 指摘受け解除、「設定解除の作業が漏れてしまった」と説明

朝日新聞の慰安婦問題にからむ英語版記事2本がインターネットで検索できないような設定になっていたことが分かった。
朝日新聞広報部は産経新聞の取材に対し、「記事を最終確認するため社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にした。 その際に2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまった」と説明し、24日までに設定を解除した。

検索できない設定となっていたのは、平成26年8月5日付朝刊に特集「慰安婦問題を考える 上」に掲載された記事の英訳版2本。
1つは朝鮮半島で女性を強制連行したと虚偽証言した吉田清治氏を取り上げた記事を取り消した記事。
もう1つは、「女子挺身(ていしん)隊」と「慰安婦」の混同を認めたことを伝えた記事だった。

いずれも朝日新聞デジタルのウェブサイトに26年8月22日午前10時にアップされていた。
ところが、この2本の記事には、グーグルなどの検索エンジンの動きを制御し、利用者が特定ウェブページを訪問することを防ぐようにする「noindex」「nofollow」「noarchive」という3つの「メタタグ」が埋め込まれていた。

メタタグは、ウェブページの情報を検索エンジンに提供するキーワードで、検索しにくくしたり、逆に検索されやすくしたりすることができる。
通常のウェブページ上では表示されず、第三者がメタタグを書き加えることもできない。
一方、「慰安婦問題を考える」に掲載された記事のうち、旧日本軍による「強制性」があったとの見解を示す記事にはメタタグは埋め込まれておらず、ネット検索が可能な状態だった。

メタタグが埋め込まれたことが発覚するきっかけを作ったのは、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏だった。
ギルバート氏らは7月、朝日新聞の英語版記事で「forced to provide sex(性行為を強制された)」という表現が使用されていることについて「慰安婦強制連行・性奴隷説を流布するような内容だ」として表現修正を求めるとともに、「吉田証言」に関する記事を撤回したことを英文で告知するよう申し入れた。

これに対し、朝日は修正については「応じられない」と回答。
英文による告知に関しては「2014年8月5日付記事の英訳版は『朝日新聞デジタル』で2014年8月22日に掲載し、現在も下記のURLで全文閲覧できます」と反論していた。

ギルバート氏はURLを確認したが、検索エンジンで問題の記事を検索しても見つからなかった。
この経緯を動画などで明かしたところ、視聴者の指摘により、メタタグの存在が分かったという。

朝日新聞広報部の回答
「2014年8月22日に慰安婦関連の英語記事を複数本、デジタル編集部が配信しました。 公開前に記事を最終確認するため、いったん社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にしました。 その際、2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまいました。現在は修正してあります」

画像:朝日新聞デジタルが平成26年8月22日10時に掲載した、吉田清治氏を取り上げた記事を取り消した英訳記事(上)。
下段のソースページでは”no index, nofollow, noarchive”と打ち込まれ、インターネットで検索されにくい設定がされていた。
現在は削除されている。
https://www.sankei.com/images/news/180824/plt1808240031-p1.jpg

産経ニュース 2018.8.24 22:42
http://www.sankei.com/politics/news/180824/plt1808240031-n1.html

※関連記事
【姑息】朝日新聞の「吉田証言虚偽訂正記事の英語版」ページが、Googleの検索で引っ掛からないようにメタタグを細工していると話題に~ネット「もうホントやってることが『卑劣』の一言だな…」

※関連記事
朝日新聞の「慰安婦連行、吉田証言虚偽訂正記事の英語版」がGoogleの検索で引っ掛からないように細工していた件⇒こっそりメタタグを外すも、「この記事はオススメしないでください」という設定があると話題に

さて、初めから整理すると。

朝日新聞は2本の記事に、Google検索ロボットに検索されないように細工をしていた。

もちろんこれは意図的にすることである。

その2本の記事とは。

検索できない設定となっていたのは、平成26年8月5日付朝刊に特集「慰安婦問題を考える 上」に掲載された記事の英訳版2本。
1つは朝鮮半島で女性を強制連行したと虚偽証言した吉田清治氏を取り上げた記事を取り消した記事。
もう1つは、「女子挺身(ていしん)隊」と「慰安婦」の混同を認めたことを伝えた記事だった。

そして。

一方、「慰安婦問題を考える」に掲載された記事のうち、旧日本軍による「強制性」があったとの見解を示す記事にはメタタグは埋め込まれておらず、ネット検索が可能な状態だった。

つまり。

「日本という国は、こんな悪い国なんですよ~。日本人というのは、こんな悪いやつらなんですよ~」という記事は検索可能にする。

「先日の、日本と日本人を貶めた記事は誤りでした」という記事には検索できないようにする。

ということだ。

産経新聞の取材に対して朝日は「記事を最終確認するため社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にした。 その際に2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまった」と答えているが、実はこれもその場しのぎの嘘の可能性がある。

というのも、"以下略ちゃん"が、ご自身のブログ「以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO」の記事「朝日新聞 英語訳慰安婦報道訂正ページの検索避けをこっそり外す/朝日は他の謝罪訂正ページにnoindexを入れているのか調べてみました」で指摘されていますが、朝日新聞の「訂正・おわびページ」を見てみると。


http://www.asahi.com/news/corrections/?iref=pc_rellink

(過去1週間分の「訂正・おわび」しか表示していないのがなんともセコイ)

今日2018年8月25日現在、7日分の「訂正・おわび」の表示があります。

1.2018年8月19日には「訂正・おわび」記事はなし。

2.2018年8月20日には「訂正・おわび」記事はなし。

3.2018年8月21日
高岡商、泥と汗の2勝 高岡商5―4佐久長聖 第100回全国高校野球
 14日配信の高校野球の記事につく佐久長聖―高岡商のチーム成績表で、高岡商・筏の打点が「1」とあるのは「0」、チーム合計が「5」とあるのは「4」の誤りでした。入力ミスでした。

https://www.asahi.com/articles/ASL8P0DMGL8NUEHF018.html

4.2018年8月22日
子どもの瞳に、平和への思い 戦争体験、絵の根幹に いわさきちひろ、生誕100年
 21日配信の「いわさきちひろ生誕100年」の記事で、「『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子著)の挿絵も手がけた」としたのは不正確な表現でした。いわさきちひろが生前に描いた絵が挿絵に使われたものでした。
https://www.asahi.com/articles/ASL8P64B4L8PUEHF00R.html

5.2018年8月23日
特集「明治維新150年」の記事「中国からの視線」(22日配信)で、孫文が掲げた三民主義を「民族・民権・民主」と説明したのは、「民族・民権・民生」の誤りでした。文字を入力する際に資料を見間違えました。
https://www.asahi.com/articles/ASL8R0311L8QUEHF010.html

6.2018年8月24日
「古い科学映画、配信1000本超 開始から11年、ウェブで無料公開」(23日配信)の記事に付く写真説明で、「特急『つばめ』を引く蒸気機関車の機関士」とあるのは「電気機関車」の誤りでした。映画撮影当時、東京発大阪行き「つばめ」が電気機関車から蒸気機関車に交換するのは途中の名古屋で、このシーンは東京を出発する前でした。
https://www.asahi.com/articles/ASL8S6K1BL8SUEHF00V.html

7.2018年8月25日
4日配信の「みちのものがたり サラリーマンが拓いた栂海新道」の「今回の道」欄で「中又新道」とあるのは、「中俣新道」の誤りでした。
https://www.asahi.com/articles/ASL8S7S1GL8SUEHF010.html

これら7つのページのそれぞれソースを見てみると、全てのページのヘッダ部分にGoogle検索を回避するメタタグが埋め込まれています。

つまり、朝日新聞が言う「2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまった」だけではなく、「訂正・おわび」は全てGoogle検索ロボットを回避しているのだ。

「謝ったら死ぬ病」を患っているのか、「訂正・おわび」はなるべく人目につかないようにしているということだ。

またこれ以外にも、Google検索ロボットに「〇月〇日以降はこのページに来るんじゃねえぞ!」というメタタグも埋め込まれているということなので、そのへんは"以下略ちゃん"の記事をお読みください。

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

DHC 海洋深層水

DHC ビール

-政治
-, , ,

Copyright© アノニマスポスト ネット , 2018 All Rights Reserved.