国内

【山口県周防大島町】ボランティアの尾畠春夫さん(78歳)はスーパーヒーローだった→65歳で魚屋をやめて残りの人生をボランティアに→東日本大震災では500日間ボランティア→西日本豪雨で21日間ボランティアしてから山口県へ→よしき君を発見

投稿日:

インタビューより一部文字起こし

7月の9日に私は広島県の呉へ行って、10日から7月31日まで21日間ボランティアさせてもらって、それで夕方の4時までボランティアして、高速の無料チケットが出たから、広島の廿日市から山陽道通って中国道通って、九州道通って大分道通って、そして別府へ帰ったんです。

12日の夕刊によし君のあれがでてたんです。2歳の子供が行方不明って。

で、13日の新聞を見たらまだ見つかってないと。

どうしようかなー 今日一杯まで待って、もし夕方まで見つからんで、朝刊に載ってたら、行こうと思っていろいろ段取りしてた。

それで朝刊を見たら、二面のところに載ってたからな。

こら行こうと思って。それで家を9時半に出発した。

<略>

私は学歴も何もない人間でしたけど、65歳まで生きさせてもらって。別府で魚屋をしてたんです。

で、65歳の誕生日がきて、びたっとやめたんです。

残りの人生を、今まで皆さんにお世話になったから、社会になにかお返しをさせてもらおうと思ってボランティアを選んだんです。

場所は選びません。どこでも行きます。

記者「今まで行った場所を教えていただけますか」

行った場所って、そやな、北は新潟の中越から、本州はほとんど行きました。

記者「東日本大震災にも?」

東日本大震災は宮城県の南三陸町。

あっこに500日行ってました。

私が行ったのは3月28日でした。

以下、動画でどうぞ。

管理人
ネットの反応
名無し
ボランティア30年。本当に聖人っているんだな。
名無し
こういう70歳代の人見たらなんだか尊敬出来るお年寄りってまだまだいらっしゃるんだなとほっとする。
名無し
すごいよな、今朝見て涙出たわ
名無し
ボクシング山根(78)ボランティア男性(78)

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

DHC 海洋深層水

DHC ビール

-国内

Copyright© アノニマスポスト ネット , 2018 All Rights Reserved.