国際

iPS細胞でパーキンソン病治療=治験計画、国が了承-京大~ネット「これでバックトゥザフューチャーの続編が作れるな」

投稿日:

iPS細胞でパーキンソン病治療=治験計画、国が了承-京大
2018年07月30日00時29分

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経のもとを作りパーキンソン病患者に移植する、京都大による初の臨床試験(治験)計画を国が了承したことが29日、分かった。京大は近く、計画を発表する。

 京大の高橋淳教授らのチームが今年、学内の治験審査委員会の承認を得て、国に計画を届け出ていた。iPS細胞から作った細胞を患者に移植する研究が国に承認されるのは、目の難病と心臓病に続いて3例目となった。
 パーキンソン病は、脳内で情報を伝える物質「ドーパミン」を出す神経細胞が減り、手足を動かしにくくなったり震えが起きたりする難病。

 治験の対象は、治療薬の効き目が薄れた段階の患者。健康な他人の血液から作って備蓄しているiPS細胞を、神経のもとになる細胞に変えて患者の脳に移植し、安全性と効果を検証する。

 チームによると、移植した細胞が脳内で神経細胞になり、ドーパミンを放出し症状を和らげる見込みだ。半面、神経のもとに変化し切っていない細胞が混じっていると腫瘍になる恐れがある。移植する細胞は数百万個と、大阪大が実施する心臓病での約1億個より少ないが、2014年に理化学研究所が世界で初めて実施した目の難病患者への移植での数十万個を上回り、その分危険性は高まる。

 サルを使った実験では、手足を動かしにくいなどの症状が改善し、移植後2年間は腫瘍ができないことを確認しているという。

 チームは神経のもとを製剤化することを目指している。iPS細胞を用いた製剤開発を目指す治験は、今回が初めて。
 iPS細胞をめぐっては、ほかにも脊髄損傷患者への臨床研究や、血小板製剤を作る治験が計画されている。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018072900372&g=eco

管理人
ネットの反応
名無し
これでバックトゥザフューチャーの続編が作れるな
名無し
マイケル・J・フォックスだっけ?
こういう技術が進歩して治らなかった人が治れば(・∀・)イイ!!ね
小さい頃デロリアンが憧れたっけなぁ・・・
名無し
残念ながら症状が和らぐとは書いてあるが完治するとは書いていない。
名無し
ごめん、ちゃんと読んでなかったよ。
でも、この技術が進歩していつの日か完治できるようになると(・∀・)イイネ!!
名無し
IPSで全て解決して病院減らして人手不足解消しよう
名無し
iPS細胞が完成して数年、つまり長期に腫瘍が発生しない保証はない。
遺伝子を入れ替えている以上、がん化のリスクは0ではない。
名無し
神経細胞なら分裂しないから
癌化もしないという算段なんだろうが
癌化したらiPS細胞の移植治療は終わるな
名無し
iPS細胞出来るようになってから何年も経つがなかなか研究が実用化しないね。
もっと政府は支援すべきじゃないのか?
京大の研究所の研究者が非正規雇用だと聞いて腰を抜かしそうになった。このままで政府の支援が無いとなると日本の国家のバカっぷりを世界に表明することに等しい。
名無し
マイケルJフォックスは自分の財団で開発した薬でかなり良くなって
バラエティやドラマに出てるよ
グッドワイフ の敵弁護士役はなかなかいいから
みてみてね

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

DHC海洋深層水

-国際

Copyright© アノニマスポスト ネット , 2018 All Rights Reserved.