政治

ついに日の目を見た世界最高水準の国産ジェットエンジン IHIが防衛装備庁に戦闘機用エンジンを納入~ネット「素晴らしい!」「やっぱり純国産制空戦闘機作ろうよ」

投稿日:

図1XF9-1エンジン(出所:IHIウエブサイト) 世界の一流戦闘機と同等の能力を持つ。日本がここまでのエンジンを完成させたことは感慨深い。

 6月29日にIHIより防衛装備庁に「XF9-1」という戦闘機用エンジンが納入された。

XF9-1は試作エンジンであるとはいえ、推力は15トンを超える。米国の「F-15」やロシアの「Su-35」といった世界の一線で活躍する戦闘機のエンジンと同等以上の出力を持つ。

 これまで、日本は一流の戦闘機用エンジンを自力で開発できなかった。

 FSX問題で日本が強く出ることができなかった要因の一つが、自力ではどうしてもエンジンを開発できる目処が立たず、米国に頼らざるを得なかったことであった。

 戦後70年以上できなかったことが、ようやくできた。日本の航空産業史上、画期的なことである。

 XF9-1の性能を見て、感慨深い思いに浸っている航空関係者は多いのではと思う。日本のジェットエンジンもよくここまできたと――。

 図2 戦闘機用ジェットエンジンの出力比較(アフターバーナー使用時)

 実は、日本のジェットエンジン業界は、日本独自のものも含め、優れた技術を多く持ち、世界のジェットエンジンの性能向上に貢献してきた。

 エアフォースウンなどのごく一部の例外を除けば、日本の技術の入ったジェットエンジンを積まない旅客機は現在、空を飛ばないまでになった。

 その現状を振り返りつつ、XF9-1の意義を考えてみたい。

ろう。
■ XF9-1は日本のジェットエンジン技術の到達点

 このように見てくると、世界のジェットエンジンは日本の産業技術によって支えられているようにも見える。もちろんXF9-1にはそのような日本の技術が使われる。

 XF9-1では、ジェットエンジンの性能の指標となるタービン入り口温度は1800度である。これは、世界トップレベルだ。

 IHIがエンジンコア部分を納入した際のプレスリリースを見ると、このタービン入り口温度を向上させているであろう「日本独自開発の金属材料」、「セラミック基複合材料」という単語が目に入る。

 「日本独自開発の金属材料」はボーイング787の燃費性能を支える耐熱超合金であり、「セラミック基複合材料」は日本のみが素材を作れるSiC/SiC複合材である。

 XF9-1は、日本が育ててきた世界のジェットエンジンを支えている要素技術を結晶と言える。しかし、XF9-1の意義はそこだけに留まらない。

 日本は、優れた要素技術を持ちつつも、エンジン全体を開発した経験に乏しかった。これまで製造した戦闘機向けエンジンは推力5トンの「XF5」に留まる。

 確かにこのエンジンは、戦闘機エンジンに見えるが、推力5トンでは一流の戦闘機を飛ばすには足りない。

 それが、XF9-1では、推力15トンを超える一流の戦闘機を飛ばせるエンジン全体を開発したのだ。優れた要素技術を持つだけでなく、一流のエンジンを丸ごと作った実績も生まれた。非常に期待を持たせる出来事ではないか。
 一方で、世界水準の戦闘機エンジンを誕生させたXF9-1回初は快挙であったものの、実用エンジンというよりも試作エンジンであるに留まる。

 XF9-1が追いついたように見えるF-22用のF119エンジンは30年前に開発されたエンジンである。

 XF9-1が実際の飛行機を飛ばすまでには道のりが長いだろうし、その機会があるかすら確定的でない。また、仮にXF9-1のコア部分を利用した旅客機用エンジンを作るとしても、XF9-1で戦闘機を飛ばすよりもハードルが高い。

 ファンや低圧タービンの開発が必要であるし、民間機としての認定取得には三菱航空機の「MRJ」同様に苦労するだろう。さらに、その先、売れる値段で作れるか、実績に乏しい日本のエンジンが売れるかという難題が立ちはだかる。

 XF9-1によって、日本がジェットエンジンを世界に売っていけるようになったかというと、そうではない。さすがに、これで日本が世界のジェットエンジン一流国になったと言うのは今のところ言い過ぎである。

 しかし、日本のジェットエンジン産業が着実に実力をつけつつあることは事実。XF9-1は日本のジェットエンジン技術発展の一つの大きな到達点であろう。今後の発展が非常に楽しみである。

渡邊 光太郎

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180713-00053545-jbpressz-ind

※関連画像

管理人
ネットの反応
名無し
防衛省向けだけど、この分野に進むのであれば政府や関連企業は本気でやれ。人も育ち、技術の蓄積、素材開発につながる。
それは日本の飯のタネになる。
名無し
素晴らしい。
あとはどんがらと装備とソフト関係ですかね。
自力開発も無理では無いと思うことができました。
名無し
国産ジェットエンジンが出来れば、早急に機体開発も推進して欲しい。
名無し
よくやった︎
名無し
機体とレーダーとエンジン、あとは火器管制システムが独自開発できれば、アメリカに頼らない自主防衛も可能では。
名無し
なるべくそっとしておこう。
凄いのが出来たと言うと、アメリカに潰されるからな。
名無し
自力で開発しつつ、部品でもシェアアップを目指してほしい。政府はキチンとフォローすべきだ。
名無し
やっぱり純国産制空戦闘機作ろうよ。
風が読めたら作ろうよ。
名無し
技術開発は一度空白期間ができてしまうと、それを取り戻すのに数倍の期間を要してしまい、その間に引き離されてしまう。どれだけ財政が困窮しても技術開発予算だけはケチってはいけない。
文系の学問は自費でもできるんだから、奨学金・助成金を全廃してほしい。無駄。
名無し
開発には長い時間がかかりテストや手直しの繰り返しだとは思いますが これからに期待しています 大変な仕事だと思いますが日本製の飛行機が世界の空を飛び廻るのを楽しみにしてます
名無し
日本に技術が無いのではなく製造を禁止されていた間にロールスに多くの基本特許を取られてしまったため独自開発ができない。
ジェットエンジンや原発とかは特許の塊。主要メーカーしか作れない。
特許の壁をどうやって乗り越えたか知りたいですね。
名無し
スパイ天国の日本だから技術の流出も防がなければならない。
名無し
国産ジェットエンジン懐かしい響きです。40年ほど前国産旅客機エンジン開発(後の767/777エンジン相当)当時はシャフト素材はR/R製、高圧側もR/R製で加工、製造組立、テスト確認はIHIと共同で自前開発でした。当時は今の様な高度なCNC5軸加工機などなくEUと日本との共同開発で国産化を目指していましたが試作エンジンが完成し目標値を達成、テスト終了後に政治的な背景とUSA圧力で量産化になりませんでした。が、当時の開発メンバーの意思を継ぎ自力で推力15tonエンジンが出来るまでになったとは40年を振り返り考え深いものがあります。
素材、加工技術と日本独自の繊細な技術を生かし国産100%エンジンが空を飛ぶ事を願います。ホンダJETは日本メーカーですが生産はUSAですからね。
名無し
レシプロエンジンは、もはや開発されつくして大幅な性能向上は望めないけど、ジェットエンジンは伸びしろがかなり有りそう。
こんなこと言っては失礼かもしれないけどアメリカやイギリスの技術が最先端ってことは日本にもまだまだチャンスがあるって事だと思う。(これがもしドイツとかって言うと難しいかなって気になるんだけど…)
特にジェットエンジンのような精密部品の製造は日本が得意とする分野だと思うから、どんどん国がバックアップして力を入れるべき。

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

-政治

Copyright© アノニマスポスト ネット , 2018 All Rights Reserved.