政治

古谷経衡「ネット右翼に足を引っ張られた佐喜眞候補 【沖縄県知事選挙 現地レポ~敗北の分析】」→百田尚樹氏「間違った前提による、妄想的推論を積み重ねた駄文。呆れるのは、ここまでくだらない長文を書けるエネルギー。暇でないとやれないな」

投稿日:

とても最後まで読めなかった。
間違った前提による、妄想的推論を積み重ねた駄文。
呆れるのは、ここまでくだらない長文を書けるエネルギー。暇でないとやれないな。

佐喜真支持派のSNS上のネガティブキャンペーンが却って玉城支持を増やした?ほう、そうすると沖縄は40代以上の皆さんがSNSに熱心なんだ。稀有な自治体だね。だから高齢者ほど玉城氏に入れた人が多かったんだ。へぇ~~(棒) 

※最低限データと矛盾しない記事を書こうね。

長文です。一部抜粋。

ネット右翼に足を引っ張られた佐喜眞候補【沖縄県知事選挙 現地レポ~敗北の分析】
古谷経衡 | 文筆家/著述家
10/1(月) 5:30

<前文略>

【3】荒唐無稽な在沖縄ネット右翼活動家の蠢動
佐喜眞候補、県知事選挙用公式特設サイトより引用
今回、敗北を喫した佐喜眞氏の敗因は何だったのだろうか。佐喜眞氏は「対決から対話へ」を掲げ、辺野古移設については積極的推進の立場を明確にせず、むしろ経済振興や子育て政策を重点的に主張した。

前述した2月の名護市長選挙に於ける渡具知武豊氏の勝利の方程式を踏襲した格好である。中でも「県民所得300万円目標」など、なるほど具体的とも言える政策もあった。

しかしながら私は、佐喜眞氏の敗因は、佐喜眞氏自身は当然のこと、その「外野」にこそあると分析している。「外野」とは何か。それは翁長前知事が健在であった時代から、反翁長(反オール沖縄)の姿勢を鮮明にして、主にネットやCS放送局などを利用して勢力を高めてきた在沖縄のネット右翼活動家達のことだ。

断って置くが、彼らは佐喜眞選対には一切入っていない。勝手連的に今回の知事選挙で佐喜眞氏を応援していた人々である。彼らは、中央(東京)のCS放送局やネットニュース番組等を行き来し、または保守系論壇誌、あるいは沖縄のコミュニティFM等を活用して、「善意」で以て佐喜眞氏を応援した。

彼らは、那覇、沖縄、豊見城、うるま、宜野湾、名護など県下公民館などを貸し切り、私が確認しただけで都合50回以上に及ぶ小集会や、ビラ配布、那覇市内等に於ける街宣行動を頻繁に繰り返した。

9月13日に今回の沖縄県知事選挙が告示されると、彼らは勝手連的に佐喜眞氏への投票を訴え、併せて「玉城デニー陣営から威嚇、暴力的行為を受けた」などとSNS上で訴え続けた。

これに賛同するネット右翼的傾向を持つユーザーが次々と彼らのツイートを拡散して、「玉城はパヨク」「玉城は売国奴」「玉城は中国の工作員」等というレッテルと共に、恒常的にそれらのリツイートは毎回500~1,000近くになる勢いとなったのである。

前述した小集会では、「地元新聞・TVによる世論誘導選挙、中国の沖縄侵略隠しを訴える」という横断幕がほぼ毎回会場に掲げられた。

ここで重要なのは、地元新聞とは「琉球新報、沖縄タイムス」の二紙を指すと言うこと。また「中国の沖縄侵略」ではなく「沖縄侵略隠し」を訴えているという点で、極めて陰謀論的世界観である。

つまり、沖縄に於いて中国の侵略が現に行われて居るが、「琉球新報、沖縄タイムス」の二紙がそれを故意に隠している、という主張を繰り返したのだ。

【4】『在日特権』から『中国による沖縄侵略』へ
巨大な既成のマスメディアが、重大な真実を遮蔽し、隠蔽している―という世界観を私は拙著『ネット右翼の終わり』(晶文社・2015年)の中で『マトリックス史観』と名付けた。

ウォシャウスキー姉弟の世界的大ヒットSF映画『マトリックス』に由来するこの世界観は、同映画の中で「人工生命体が、真実を隠蔽し、偽りの虚構を人々に与えているのが現実であり、主人公はその事実に目覚めて立ち向かう」という主要なストーリーを構成する世界観とうり二つだからだ。

巨大な既成のマスメディアが、重大な真実を遮蔽し、隠蔽している―という『マトリックス史観』から発生してきたのが、ゼロ年代前半から登場してきた『在日特権』というデマゴーグである。

在日コリアンは、日本社会の中で特権を享受しているが、巨大な既成のマスメディア(朝日、毎日、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビ等)が、その真実を遮蔽し、隠蔽している―という文脈の中で語られる『在日特権』というデマは、おおむね2013~2014年、第二次安倍内閣発足と共に衰退していった。

なぜなら、いくら探しても『在日特権』を示す根拠が発見されなかったからである。

それに代わって登場してきたのが、『中国による沖縄侵略』というデマゴーグである。

BPO案件となった『ニュース女子』問題を筆頭に、この構図は、前述した小集会で毎回使用された「地元新聞・TVによる世論誘導選挙、中国の沖縄侵略隠しを訴える」という文句に顕著であった。

上記の部分を、「大新聞・TVによる世論誘導選挙、在日朝鮮人の日本侵略隠しを訴える」と置き換えれば、この世界観は見事にゼロ年代全般から2013年頃までを席巻した『在日特権』という虚構の構造と全く同じである。

【5】フェイクニュースとも戦ったデニー氏
知事選の構図が事実上、翁長前知事の遺志を継ぐデニー氏と、佐喜眞氏との一騎打ちであることが判明する2018年8月中旬以降、ネット右翼は沖縄でも、本土でも、そして中央のCS放送や保守系論壇誌の中でも、はっきりと「デニーが知事になると沖縄は中国にのっとられる」などと主張するようになった。

その対として彼らは佐喜眞氏支持を鮮明にし、デニー氏に対し徹底的な誹謗中傷やデマの流布を行なった。

9月に入り週刊誌報道で”デニー氏に隠し子疑惑”が報じられると、著書を持つクラスの保守系言論人らが、こぞってこの事実に尾ひれをつけてSNS上で拡散した。が、この報道はデマであった。

デニー氏は9月11日付報道で、「インターネット上を中心に自身に関する事実誤認のデマが拡散しているとして、名誉毀損の疑いで那覇署へ刑事告訴の手続きに入った」と毅然とした対応を示す。

デニー氏にとって、対決するのは佐喜眞氏だけではなく、ネット上にばらまかれたフェイクニュースでもあったのである。だが選挙期間中、デマであると確定したデニー氏に関するフェイクニュースは、ネット右翼の中では訂正されること無く拡散を繰り返した。

【6】ネット右翼が佐喜眞氏の印象を悪くしたのか?
デニー氏勝利の報道を見つめる佐喜眞氏(撮影日時等同)
しかし前述した在沖縄のネット右翼活動家らや、及び全国に存在するネット右翼の、「善意による」佐喜眞氏への勝手連的な応援は、沖縄の有権者に佐喜眞氏への親近感を高めるどころか、却ってマイナスの材料になったのではないか?と私は観ている。

彼らは口々にこう絶叫した。

「玉城デニーが知事になったら、沖縄は中国にのっとられます」

「玉城デニーが知事になったら、中国の工作員が沖縄を破壊します」

このような、トンデモ陰謀論とも思える連呼とセットに佐喜眞氏を応援することで、常識的な感覚を持った有権者の多くは、むしろ佐喜眞氏へのネガティブイメージを持つに至ったかもしれない。

「親方思いの主倒し」という言葉がある。親方を思ってよかれと思ってやった行為が、結果として親方の迷惑になる、という意味だ。

「玉城デニーが知事になったら、沖縄は中国にのっとられます」

という絶叫とセットで行なわれた佐喜眞氏を支持する勝手連的訴えは、まさにネット右翼による「親方思いの主倒し」の典型ではないだろうか。

沖縄に中国の工作員などいないし、彼らの破壊工作を沖縄二紙が隠蔽しているはずが無いことは、他でもない沖縄県民が一番よく知っているからだ。

【7】争点にすらならない「中国沖縄侵略説」
沖縄に中国の工作員が忍び込んでいる、というのは「大阪にスリーパーセルなどと呼ばれる北朝鮮の特殊潜伏工作員が存在する」という「工作員妄想」にも通底する陰謀論だ。

百歩譲って中国の工作員が日本に潜入するとすれば、それは自衛隊司令部のある市ヶ谷や横須賀や朝霞でなくては理屈に合わない。なぜわざわざ沖縄に潜伏しているのか。少し考えれば常識で分かるデマである。沖縄の有権者は、こういったデマを一蹴した。

今回の知事選挙でNHKが行なった出口調査の中に、「投票で重視した争点」を有権者に聴いた項目がある。それによると1位が「普天間(辺野古)移設」で34%、2位が「地域振興」の31%、3位が「教育・子育て」の21%、4位に「医療・福祉」14%と続く。

このことからも分かるように、「中国の沖縄侵略」とか「沖縄二紙の問題」は、有権者の中で争点にすらなっていないのである。

こういったネット右翼が叫ぶトンデモ陰謀論的世界観は、中央(東京)から放送される一部の極端に偏向したCS番組や保守系論壇誌、あるいはネットニュースの中で俎上にあがるだけで、実際には「保守」「ネット右翼」という自閉した巨大なサークルの中でしか通用しないジャーゴン(組織内言語)に他ならない。

だから、在沖縄の街頭で行なわれたこのような叫びやSNSでの拡散は、沖縄の有権者にとってノイズとしてしか認識されなかった。

彼らが「なんかトンデモな人たちが佐喜眞氏を応援している」という印象を与え続けたのなら、これは佐喜眞陣営にとって痛打以外の何物でも無い。それを実際に実行したのが、「善意」を以てデニー氏を攻撃し、佐喜眞氏を応援した在沖縄のネット右翼活動家らである。

<後文略>

全文はリンク先で

https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20181001-00098867/

管理人
ネットの反応

名無し
数行で途中で読むのやめました。ネットに触れる若年層の方がさきま氏への投票率が高いとデータ出てます。

※関連記事

<沖縄県知事選>最終得票数 玉城デニー 396,632票 佐喜真淳 316,458票 若い世代は佐喜真淳氏、高齢者層は玉城デニー氏~ネット「佐喜真氏の得票率が44%なんだから、当然朝日は『善戦』ていうよな?」

名無し
こういう文章は結論ありきで、無理やり理由をつけるから、自然にそのための説明が増えて文章が長くなってしまうんですよね。
お隣韓国が日本叩きをする時の記事が、こうなるのをよく見ます。
名無し
とにかくだらだらと長い。
最後まで読んで
「とりあえずネット民怖いから嫌い」
ということは伝わりました。
名無し
この方の説に依ると沖縄の高齢者はネットをやってる人がおおいんでしょうね(-_-)
名無し
筆者を最初に確認してそっ閉じしました。
名無し
ああ書いてるのが得体の知れない
あの男性ですよね(笑)
私もかなりの長文と駄文で読む気持ちも途中で萎えました。
書いてる本人はきっと爽快なんでしょうね。
ただただ気持ち悪いだけなのに(笑)
名無し
そしてこれがyahoo!のトップ中のトップ(1番上の行)に載っていたという…私も最後まで読めなかったです😣
名無し
暇人の戯言なんかほっときましょう
こいつら構ってほしいだけ
名無し
真の駄文でしたね。私もつまらないので途中で読むのをやめました。
あれだけの文が書けるエネルギーを良い方に使えば良いのにな~
名無し
あのモップ青年は、所謂炎上商法らしいです(-_-#)

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

非常時スマホソーラーチャージャー

スマホ手回し充電可能非常用ラジオ・ライト

-政治
-,

Copyright© アノニマスポスト ネット , 2018 All Rights Reserved.