政治

【朝日新聞】「中核派」40年ぶりに現役の東大生活動家生まれる~ネット「朝日うれしそうやね」

投稿日:

過激派「中核派」に40年ぶり東大生 突然電話で誘われ

かつて多くの大学で自治会の実権をめぐって争った過激派。

学生運動が下火になって拠点校を失いつつある中、中核派全学連は昨年、東京大で活動を始め、約40年ぶりとされる現役の活動家が生まれた公安関係者は組織の高齢化や宣伝の狙いが背景にあるとみている。

「学生の皆さん、人生をかけて改憲阻止、新自由主義大学粉砕の闘いを全力でやり抜きましょう」。
都内の区民会館の一室で2日にあった中核派全学連の年次大会。
新委員長に選ばれた東大教養学部の高原恭平さん(21)があいさつすると拍手が起こった。

中核派によると、大会には12大学の出身、在校生ら約65人が参加。
高原さんは、同派にとって約40年ぶりの現役東大生だという。

高校生の頃からマルクスやレーニンを読み、入学後は教養学部の学生自治会で副会長を務めた。
2年ほど前、学内で東大の五輪への協力を批判するビラを配ったところ、中核派から電話がかかってきた。
「初めは距離を置いていたが、1人の活動に限界を感じていた。五輪を『排外主義をあおるもの』と批判する中核派の主張は自分の考えに近く、組織に加わることにした」。
昨年、中核派に入った。

朝日新聞デジタル 2018年9月18日 11時30分
http://news.livedoor.com/article/detail/15321533/

管理人
ネットの反応
名無し
いくら嬉しいからってこんな名前出して良いんかいなw
名無し
親不孝屑
名無し
親も同系統かもな
名無し
朝日うれしそうやね
名無し
就職あきらめたん?
名無し
マスコミ関連ならいけるだろ
名無し
こいつら遂に中核派のプロパガンダまで始めやがった
名無し
あーあ、公安に常にマークされる素晴らしい人生が待ってるねw
名無し
親はわらっているのか泣いているのか
名無し
親「オワタ…」
名無し
国費で活動家育成とかやめてほしいね

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

非常時スマホソーラーチャージャー

スマホ手回し充電可能非常用ラジオ・ライト

-政治
-,

Copyright© アノニマスポスト ネット , 2018 All Rights Reserved.