政治

【立憲】枝野、米国立公文書館を視察「日本の公文書の改ざんや隠蔽は、ウォーターゲート事件に匹敵するかそれ以上の深刻な問題だ。(公文書管理の)大きな前進をさせなければいけない」~ネットの反応「東日本大震災の原発事故対応で議事録残さなかった人ですよね?あなた」

投稿日:

 訪米中の立憲民主党の枝野幸男代表は14日、メリーランド州にある米国立公文書館を視察した。公文書館は他省庁を監督するなど公文書管理に関する広範な権限があり、枝野氏は視察後、「(日本の)管理をする権限がほとんど認められていない状況は変えなければならない」と述べた。

 この日、枝野氏は施設内の見学や職員から説明を受けた。枝野氏によると、米公文書館は、省庁と個別に公文書の保管期間を協議し、問題が起きたら聞き取り調査をする権限を持つ。定期的に管理状況の調査もできるという。

 また、ニクソン大統領を辞任に追い込んだ「ウォーターゲート事件」をきっかけに米国の公文書管理が前進したという説明もあったといい、「今年前半に発覚した公文書の改ざんや隠蔽(いんぺい)は、匹敵するかそれ以上の深刻な問題だ。(公文書管理の)大きな前進をさせなければいけない」と語った。

 立憲は今後、公文書の管理体制を強化するための検討を始める。枝野氏は国立公文書館のあり方について、「公文書保管管理庁」といった名称で、権限を強化し、独立性が高い機関にする必要性を強調した。

2018年9月15日17時21分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL9H4JHCL9HUTFK008.html
https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180915002303_comm.jpg

管理人
ネットの反応
名無し
東北大震災で議事録取らなかったおじさんやんけ
名無し
議事録の記録を停止させた連中にそんなこと言われましてもね・・・(失笑
名無し
枝野幸男、こいつはクソだった...

原発事故対応、議事録なし 政府対策本部、認識後も放置_20120124

 枝野幸男経済産業相は24日、東京電力福島第一原発事故後につくられた政府の原子力災害対策本部が、これまでの議論を議事録として残してい
なかったことを明らかにした。経産省は事故後の混乱で手が回らなかったとしているが、事故対応を決める重要会議で何が話し合われたか検証でき
なくなるおそれがある。

 枝野氏は官房長官だった昨年5月11日の記者会見で「危機対応なので議事録をとるような場がほとんどなかった」との認識を示していた。ただ、その後も議事録は作成されないまま、昨年11月にNHKが情報公開請求した後、年明けになって再び問題化した。

 対策本部の事務局を務める経産省原子力安全・保安院は23日の会見で、「まだ議事録は作成していない。緊急事態では事後的に作成が認められており、会議の内容や決定は記者会見を通じて説明している」と弁明していた。しかし、枝野氏は24日の閣議後の記者会見で「事故発生後の緊急事態とはいえ、(手続きが)整えられていなかったことをおわびする」と話した。

名無し
うちの選挙区のゴミがすみません
名無し
公文書を記録させないというのは
アメリカで言うと何事件に匹敵するんですかね?
名無し
慰安婦は戦場売春婦だったという公文書は無視ですか?

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537022670/

-政治

Copyright© アノニマスポスト ネット , 2018 All Rights Reserved.